メンバー

Shigekazu NAGATA

教授

長田 重一

Shigekazu NAGATA

■学歴

1972年   東京大学理学部生物化学科 卒業
1977年   東京大学大学院理学系研究科 博士課程修了
1977年   東京大学医科学研究所 助手
1977-1981年 チューリッヒ大学分子生物学研究所 研究員
1982-1987年 東京大学医科学研究所 助手
1987-1998年 大阪バイオサイエンス研究所 分子生物学部門 部長
1995-2007年 大阪大学大学院医学系研究科遺伝学 教授
2002-2007年 大阪大学大学院生命機能研究科時空生物学 教授
2007-2015年  京都大学大学院医学研究科医化学 教授
2015- 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 教授

■受賞歴

1986年10月 日本生化学会奨励賞
1990年12月  第27回ベルツ賞
1992年10月  第9回持田記念学術賞
1993年 4月  日経BP技術賞、医療部門
1994年11月 ベーリング賞(ドイツ・マールブルグ大学)
1995年10月 コッホ賞(ドイツ・コッホ財団)
1995年10月 第13回大阪科学賞
1996年11月 ベーリング北里賞
1997年 1月  ラッカサーニュ賞(フランス癌連盟)
1997年 9月  メロン賞(アメリカ ピッツバーグ大学)
1998年 1月  朝日賞
1998年 2月  高松宮妃癌研究基金学術賞
1998年 3月 上原賞
2000年 6月 恩賜賞・学士院賞
2001年11月 文化功労者顕彰
2011年 1月 日本学士院・会員
2012年 4月 名誉博士号 (スイス・チューリッヒ大学)
2012年12月 デブレツェン賞 (ハンガリー・デブレツェン大学)
2013年 6月 京都大学孜孜賞
2013年11月 第18回慶應医学賞
2015年 4月 米国科学アカデミー・外国人会員
2017年 6月 The 2017 CDD Award (アイルランド、ダブリン)

■Editorial board

1994- Cell Death and Diff.
1995- Genes to Cell
1996- Apoptosis
1997- Int. Immunol.
1998- Immunity
1998- Exp. Cell Res.
1999- Biochem. Biophys. Acta
1999- IUBMB/Life
2000- Science
2000- Int. J. Cancer
2002- Cancer Cell

Katsumori Segawa

准教授

瀬川 勝盛

Segawa Katsumori

■氏名

瀬川 勝盛(Segawa Katsumori)
e-mail:ksegawa [at] ifrec.osaka-u.ac.jp

■学歴
2004年 大阪府立大学工学部卒業 卒業
2009年 大阪大学生命機能研究科卒業 (内分泌・代謝内科学講座)
■受賞
2017年 4月 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
■職歴
2006年4月-2009年3月 日本学術振興会特別研究員 DC1
2009年4月-2011年3月 京都大学特定研究員
2011年4月-2011年10月 日本学術振興会特別研究員 PD
2011年11月-2015年6月 京都大学大学院医学研究科医化学教室 助教
2015年7月-2017年1月 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 助教
2017年2月- 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 准教授
■代表論文

Segawa K., Kurata S., Nagata S. The CDC50A extracellular domain is required for forming a functional complex with and chaperoning phospholipid flippases to the plasma membrane.
J Biol Chem. In press

Yanagihashi Y., Segawa K., Maeda R., Nabeshima YI., Nagata S. Mouse macrophages show different requirements for phosphatidylserine receptor Tim4 in efferocytosis.
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A., 108, 19246-19251 (2017)

Segawa K., Kurata S., Nagata S. Human Type IV P-type ATPases That Work as Plasma Membrane Phospholipid Flippases and Their Regulation by Caspase and Calcium.
J Biol Chem. 291(2):762-72. (2016)

Segawa K., Nagata S. An Apoptotic 'Eat Me' Signal: Phosphatidylserine Exposure.
Trends Cell Biol. 25(11):639-50. (2015)

Toda, S., Segawa, K. and Nagata, S. MerTK-mediated engulfment of pyrenocytes by central macrophages in erythroblastic islands.
Blood., 123(25):3963-3971, (2014)

Segawa, K., Kurata, S., Yanagihashi, Y., Brummelkamp, TR., Matsuda, F. and Nagata, S. Caspase-mediated cleavage of phospholipid flippase for apoptotic phosphatidylserine exposure.
Science, 344: 1164-1168 (2014)

Segawa K., Suzuki J., Nagata S., Flippases and scramblases in the plasma membrane.
Cell Cycle., 13:19, 2990-2991, (2014)

Miyanishi M., Segawa K., Nagata S. Synergistic effect of Tim4 and MFG-E8 null mutations on the development of autoimmunity.
Int Immunol.,24: 551-9, (2012)

Segawa K., Suzuki J., Nagata S., Constitutive exposure of phosphatidylserine on viable cells
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A., 108, 19246-19251 (2011)

Segawa K., Matsuda M, Fukuhara A., Morita K., Okuno Y., Komuro R., Shimomura I. Identification of a novel distal enhancer in human adiponectin gene.
The Journal of Endocrinology., 200(1), pp. 107-116, (2009)

Segawa K., Fukuhara A., Hosogai N., Morita K., Okuno Y., Tanaka M., Nakagawa Y., Kihara S., Funahashi T., Komuro R., Matsuda M., Shimomura I. Visfatin in adipocytes is upregulated by hypoxia through HIF1alpha-dependent mechanism.
Biochem Biophys Res Commun., 7;349(3), pp.875-82, (2006)

return top